Eclipseプラグインのインストール

  • 日本語化
     ・EclipseをダウンロードしたサイトからNLpack-eclipse-SDK-3.0.x-win32.zipをダウンロードし、
      解凍してできたpluginsとfeaturesを Eclipseのインストールディレクトリにコピー
     
  • mergedocによりAPIドキュメントを日本語化
     ・http://sourceforge.jp/projects/mergedoc/からダウンロード、起動、実行
      参照:http://www.atmarkit.co.jp/fjava/javatips/105eclipse027.html
     
  • lombozのインストール
     ・http://sourceforge.net/projects/lomboz
     
  • Aston Wizardのインストール
     ・http://www.sysdeo.com/sysdeo/eclipse/tomcatpluginをダウンロード、
      解凍してできたcom.sysdeo.eclipse.tomcatを pluginsに移動 ※Eclipseの再起動が必要。
     
      ※Aston Wizardを利用すると、あらかじめ用意されたテンプレートからコードのスケルトンを
       自動生成することが可能になる。
     
      ※テンプレートはC:\eclipse\plugins\com.aston.plugins\Templates 配下にあります(XML形式)。
     
  • Tomcatとの連携
     ・http://www.sysdeo.com/sysdeo/eclipse/tomcatpluginをダウンロード、
      解凍してできた com.sysdeo.eclipse.tomcatを pluginsに移動 ※Eclipseの再起動が必要。
     
  • プログラミング言語用プラグイン
     Perl : http://e-p-i-c.sourceforge.net/updates
     Ruby : http://updatesite.rubypeople.org/release
     Python : http://pydev.sourceforge.net/updates/

  • JBossIDEのインストール
     ・http://labs.jboss.com/jbosside/download/index.html から
      プラグインをダウンロード(とりあえず、JBossIDE-2.0.0.Beta2-ALL.zip をダウンロード)
      ※Eclipseのメニューからだと接続できなかった。
     ・ダウンロードしたファイルを解凍し、plugins、features をeclipseのインストールディレクトリに移動。

◆JBossIDEからのJBoss Server起動方法
  ・メニューから[ウィンドウ]→[ビューの表示]→[その他]を選択し、[サーバ]を選択。
  ・[サーバ] ビューから [サーバ] タブを選択し、右クリックで[新規]→[サーバ]を選択。
  ・[JBoss AS 4.0]を選択して [次へ] をクリック。
  ・NAMEに [JBossAS4.0]、Home Directoryに JBossのインストールディレクトリを入力して [次へ]をクリック
  ・[終了] をクリック。
  ・追加したサーバ定義を選択し、右ボタンをクリックし、[起動]を選択。
   ※停止する場合は、メニューで[停止]を選択。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-11 (木) 00:48:30 (4351d)