MySQL

■DB作成

CREATE DATABASE DB名 CHARACTER SET utf8;

■文字コードを指定してデータベースを作る

create databaase DB名 default character set utf8; 

■DB接続(コマンドプロンプトから)

mysql -u root -p

■現在の文字コードの設定を調べる

show variables like 'character_set%';

または

status

■データベースの文字コード設定を調べる

show create database データベース名;

■テーブルの文字コード設定を調べる

show create table テーブル名 \G 

■文字コードを設定する(/etc/my.cnf を編集)

[client]
default-character-set=utf8

[mysqld]
default-character-set = utf8
skip-character-set-client-handshake
character-set-server = utf8
collation-server = utf8_general_ci
init-connect = SET NAMES utf8
[client]と[mysqld]の設定に、上記の記述を加える。
utf8: UTF-8を指定するとき。
sjis: Shift JIS を指定するとき。
ujis: EUC JP を指定するとき。
※skip-character-set-client-handshakeの指定は、MySQLが勝手に内部変換しないようにするため。 
※/etc/my.cnfが無いときは、インストールしたMySQLの中のサンプルをコピーする。
   cp /usr/local/mysql/support-files/my-medium.cnf /etc/my.cnf

■データベース一覧(MySQLコマンドラインから)

show databases;

■テーブル一覧(MySQLコマンドラインから)

show tables;
show tables status;     # 詳細情報
show tables status \G;  # 詳細情報(縦表示)

■テーブル情報(MySQLコマンドラインから)

desc テーブル名;

■MySQLを起動

/usr/local/mysql/bin/mysqld_safe --user=mysql &

■MySQLを停止

/usr/local/mysql/bin/mysqladmin shutdown

■DBのエクスポート

mysqldump xxxdb > xxxdb.sql -u root -p
mysqldump xxxdb > xxxdb.sql -u root -p --no-data         ※データなし(DDLだけ)
mysqldump xxxdb > xxxdb.sql -u root -p --no-create-info  ※DDLなし(データだけ)

■DBのインポート

mysql xxxdb < xxxdb.sql -u root -p

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-20 (木) 23:20:25 (3132d)