Node.jsメモ

書きかけの記事

Node.js のインストール

https://nodejs.org/ からインストール

プラグインのインストール方法

package.json の作成

mkdir example
cd example
npm init

プラグインのインストール

例)mkdirp をインストール

npm install mkdirp -g                         // グローバルインストール
npm install mkdirp --save-dev          // ローカルにインストール(node_modules配下にインストールされる)

動作確認

test.js を作成

console.log("Hello World!");

Node.js で実行

node test.js

結果

Hello World!

ファイル読み込み

var fs = require('fs');
fs.readFile('./test.txt', 'utf8', function (err, text) {
    console.log(text);
    console.log(err);
});

ファイル書き込み

var fs = require('fs');
var text = "TEST!!";
fs.writeFile('./test.txt', text , function (err) {
    console.log(err);
});

ファイルの追加書き込み

var text = "TEST!!";
fs.appendFile('./test.txt', text , function (err) {
    console.log(err);
});

ファイルの同期読み込み

var fs = require('fs');
var buff = fs.readFileSync('./test.txt', 'utf8');
var text = buff.toString();
console.log(text);

ファイルの同期書き込み

var fs = require('fs');
var text = "TEST!!";
fs.writeFileSync('./test.txt', text);

ファイルの同期追加書き込み

var fs = require('fs');
var text = "TEST!!";
fs.appendFileSync('./test.txt', text);

ディレクトリ作成

var mkdirp = require('mkdirp');
mkdirp('./path_to_dir', 0755, function (err) {
    if (err) {
     console.error(err)
    }
});

ディレクトリの同期作成

var mkdirp = require('mkdirp');
mkdirp.sync('./path_to_dir', 0755, function (err) {
    if (err) {
     console.error(err)
    }
});

メッセージ通知

単純なメッセージ通知

var notifier = require('node-notifier');
notifier.notify({
 "title"   : "test title"
,"message" : "test message!"
});

通知メッセージをクリック時に任意の処理を行う

var notifier = require('node-notifier');
notifier.notify(
    {   
      "title"   : "test title"
     ,"message" : "test message!"
     ,"wait"    : true
    }   
    ,function(err, res) {
        res = res.replace(/(\r\n|\n)/g,"");
        if (res == "Activate") {
            console.log("message click!");
        }   
    }   
);

他オプションは https://www.npmjs.com/package/node-notifier を参照。

バッチ起動

child_process を使用すると、任意のコマンドやシェルスクリプトを実行できる。

var childProcess = require('child_process');
//childProcess.exec("./test.sh arg1 arg2", function(error,stdout,stderr){     // シェルを実行する場合はカレントからの相対PATHでOK
childProcess.exec("ls -l", function(error,stdout,stderr){
    if (error){
        console.log("--error--\n" + error);
    }   
    if (stdout) {
        console.log("--sttout--\n" + stdout);
    }   
    if (stderr) {
        console.log("--stterr--\n" + stderr);
    }   
});

簡易Webサーバ

http-server(Node.js) を参照。

nodebrew で nodejs を管理する

nodejs のインストールが既にインストールされている場合はアンインストールする

curl -o uninstall-node.sh https://gist.githubusercontent.com/nicerobot/2697848/raw/uninstall-node.sh
chmod 755 uninstall-node.sh
./uninstall-node.sh
rm uninstall-node.sh
sudo rm -rf /usr/local/include/node
sudo rm -rf /usr/local/lib/dtrace
rm -rf ~/.node-gyp
rm -rf ~/.npm
rm -rf ~/.sourcemint 

nodebrew のインストール

curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

/.bash_profile

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
source ~/.bash_profile

インストール可能な nodejs のバージョンを確認

nodebrew ls-remote

nodejsをインストール

nodebrew install-binary vX.X.X

インストール済みのバージョンを確認

nodebrew ls

使用するnodejsのバージョンを指定する

nodebrew use vX.X.X

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-11-22 (日) 18:46:01 (1113d)