Python のパッケージング

distutilsとはsetuptools

以下、https://docs.python.jp/3/distributing/index.html より抜粋。

distutils はオリジナルのビルド・配布システムで、 Python 標準ライブラリに 1998 年に最初に追加されました。
distutils の直接的な利用は段階的に取り払われていきますが、それは今でも現時点でのパッケージングと配布のインフラストラクチャの基礎として鎮座していて、標準ライブラリの一部として残っているだけでなく、その名前はほかの文脈でも生き続けています(Python のパッケージング標準の開発をまとめるのに使われているメーリングリストの名前のように)。

setuptools は distutils (の大部分)をまるごと置き換える後継プロジェクトで、2004 年に最初に公開されました。未修正の distutils ツールに比べて、他のパッケージへの依存関係を宣言できる機能が追加されたことが最も注目に値します。今では distutils よりも定期的に更新される代替品として推奨されていて、広範囲の Python バージョンに渡るより新しいパッケージングの標準を一貫してサポートしています。

という事なので、基本的に setuptools を利用する。

setuptools の基本

TODO:

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-08 (火) 06:07:52 (223d)