Ruby

Ruby on Railsで一躍有名になったスクリプト言語。
オブジェクト指向的な言語構造になっているが、通常の手続き型のプログラミングも可能。
Rubyは、強力なテキスト処理能力、シンプルな文法などの特長を持つ。
インタプリタ型言語なのでコンパイルは不要。

《関連》
 ・Rubyのインストール
 ・Rails のインストール
 ・Ruby on Rails

◆使える文字コード一覧の確認

ruby -e "puts Encoding.name_list"

◆規定の外部エンコーディングの確認

ruby -e "puts Encoding.default_external"

◆DB、外部ファイルの文字コード周りのエラー対応

エラー例)
invalid byte sequence in Windows-31J
 → 外部エンコーディングの指定で解決
   ※環境変数LANG 又は Encoding.default_externalで解決
    LANG=ja_JP.utf8、LANG=ja_JP.eucjp とか

◆ファイルの文字コード宣言

# coding: utf-8
※1.9以降(?)は $KCODE の値を見ないらしい

◆ライブラリPATHを調べる

print $:

◆ライブラリPATHの設定

環境変数 RUBYLIB を設定
※もしくは、スクリプト内で $LOAD_PATH.push('/path/to/dir') で追加。

◆ファイル読み込み1

open("text.txt") {|file|
	while l = file.gets
	print l,"<br />"
	end
 file.close
}

◆ファイル読み込み2

f = open("text.txt")
lines_string = f.read
f.close
lines_array = lines_string.split("\n")
lines_array.each do |line|
	line = line.gsub("<","&lt;")
	line = line.gsub(">","&gt;")
	print line, "<br />"
end

◆配列操作1

for i in 0..(array1.size - 1)
	print "#{i} : #{array1[i]} <br />"
end

◆配列操作2

array1.each do |line|
	line = line.gsub("<","&lt;")
	line = line.gsub(">","&gt;")
	print line, "<br />"
end

◆ハッシュの操作

hash1 = {"key"=>"val" }
hash1.each {|k,v|
	print "key:#{k} , value : #{v} <br />"
}

◆ヒアドキュメント

print <<_TEXT_
テスト1
テスト2
_TEXT_

添付ファイル: fileruby1.9jp.chm 1825件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-11 (木) 00:48:41 (3476d)