** ストリーミングサーバ構築 [#cf7b7914]
#setlinebreak(on);

無料のストリングサーバ である Darwin Streamig Server をインストールする。
無料のストリーミングサーバ である Darwin Streamig Server をインストールする。

[Darwin Streamig Server]
#html(<table><tr><td style="border:1px solid #000000">)
apple社のQuickTime Streaming Serverのオープンソース版。
Windows, Linux, Solaris など多くのプラットフォームで動作可能な無償のストリーミングサーバ。
バージョン4からQuickTimeに加えMPEG4、MP3の配信が可能となった。
#html(</td></tr></table>)
~

【ダウンロード】
 1.ダウンロードにはユーザ登録が必要
  http&#58;//developer.apple.com/products/ からメンバ登録。
~

 2.ログイン後 http&#58;//developer.apple.com/opensource/server/streaming/ にアクセスし「DSS on Mac OS forge」をクリック
#html(<table><tr><td width="50"></td><td style="border:1px solid #000000">)
&ref(darwin01.jpg,nolink);
#html(</td></tr></table>)
~

 3.「Previous releases」をクリック(最新版は Mac OS用しかないみたいなので。)
#html(<table><tr><td width="50"></td><td style="border:1px solid #000000">)
&ref(darwin02.jpg,nolink);
#html(</td></tr></table>)
~

 4.「DSS 5.5.5 Source Download」をクリックしてダウンロード。
   ※Linux版をインストールしようと思ったが、「For Fedora Core 4 and later」と書かれているので、ソースからインストールする事に。。
#html(<table><tr><td width="50"></td><td style="border:1px solid #000000">)
&ref(darwin03.jpg,nolink);
#html(</td></tr></table>)
~

【インストール】

 1.ダウンロードしたファイルをサーバにアップロード。
~

 2.解凍
#html(<table width="400"><tr><td width="20"></td><td style="background:#000000;color:white;">)
tar zxfv DarwinStreamingSrvr5.5.5-Source.tar.gz
#html(</td></tr></table>)
~

 3.ビルド
#html(<table width="400"><tr><td width="20"></td><td style="background:#000000;color:white;">)
cd DarwinStreamingSrvr5.5.5-Source
./Buildit
#html(</td></tr></table>)
~

 4.ルート作成
#html(<table width="400"><tr><td width="20"></td><td style="background:#000000;color:white;">)
./DSS_MakeRoot -f /usr/local/share/DSS-5_5
#html(</td></tr></table>)
~

 5.インストール (途中でユーザ名 / パスワードを入力)
#html(<table width="400"><tr><td width="20"></td><td style="background:#000000;color:white;">)
./Install
#html(</td></tr></table>)
~

【設定】

 1.ブラウザから管理画面にログイン ( http://ホスト名:1220/ )
~

 2.パスワード変更
#html(<table><tr><td width="50"></td><td style="border:1px solid #000000">)
&ref(darwin04.jpg,nolink);
#html(</td></tr></table>)
~

 3.管理用にSSLを使用するかの設定
   (既にWEBサーバで使用しているのでチェックを外した)
#html(<table><tr><td width="50"></td><td style="border:1px solid #000000">)
&ref(darwin05.jpg,nolink);
#html(</td></tr></table>)
~

 3.動画、音楽ファイルを置くディレクトリを指定
#html(<table><tr><td width="50"></td><td style="border:1px solid #000000">)
&ref(darwin06.jpg,nolink);
#html(</td></tr></table>)
~

 4.動作ポートの設定をして [finish]
   (既にWEBサーバが動いているのでチェックを外した)
#html(<table><tr><td width="50"></td><td style="border:1px solid #000000">)
&ref(darwin07.jpg,nolink);
#html(</td></tr></table>)
~

 5.左メニューの[General Settings]から最大接続数などを設定(下図はデフォルト値)
#html(<table><tr><td width="50"></td><td style="border:1px solid #000000">)
&ref(darwin07b.jpg,nolink);
#html(</td></tr></table>)
~

 6.音楽配信を行う場合はメニューの [Playlists]をクリックしてプレイリストを作成
#html(<table><tr><td width="50"></td><td style="border:1px solid #000000">)
&ref(darwin08.jpg,nolink);
#html(</td></tr></table>)

 7.プレイリストを作成後は、Statusを Playing にしておく。
#html(<table><tr><td width="50"></td><td style="border:1px solid #000000">)
&ref(darwin09.jpg,nolink);
#html(</td></tr></table>)
~

【動作確認(動画のストリーミング配信)】

 今回はWEBページにMedia Playerを埋め込んで再生できるようにする。
 ・[[動画ファイル埋め込み(ストリーミング配信)]]を参照

 1.下記のようなメタファイルを作成し、WEBサーバの公開ディレクトリへ転送
   ファイル名:mt_sample.mov
#html(<table><tr><td width="20"><td><td style="border:1px solid #000000">)
rtsptext
rtsp://ホスト名/パス/動画ファイル名.mov
#html(</td></tr></table>)
    ※該当の動画ファイルは、ストリーミングサーバで設定した動画ファイルを置くディレクトリに転送しておく。
    ※メタファイル内でリピート再生回数や著作権情報などを設定する事も可能らしい。
     (ネットで少しだけ探してみたが、ASXの場合のサンプルしか発見できなかった。)
~

 2.下記のようなHTMLを作成し、WEBサーバの公開ディレクトリに転送
#html(<table><tr><td width="20"><td><td style="border:1px solid #000000">)
&lt;html>
&lt;body>

&lt;object 
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;id="mp3_test" 
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;width="600" height="600" 
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;classid="CLSID:22D6F312-B0F6-11D0-94AB-0080C74C7E95" 
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;codebase="http&#58;//activex.microsoft.com/activex/controls/mplayer/en/nsmp2inf.cab#Version=6,4,5,715" 
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;standby="Loading MicrosoftR WindowsR Media Player components..." 
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;type="application/x-oleobject">

&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&lt;param name="FileName" value="http&#58;//myserver/mt_sample.mov" />
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&lt;!-- 自動再生の有無 --> 
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&lt;param name="AutoStart" value="true" />
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&lt;!-- コントローラー表示の有無 -->
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&lt;param name="ShowControls" value="true" />

&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&lt;embed 
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;name="mp3_test" 
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;type="application/x-mplayer2" 
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;pluginspage="http&#58;//www.microsoft.com/Windows/MediaPlayer/" 
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;src="http&#58;//myserver/mt_sample.mov"
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;width="600" height="600" 
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;autostart="1" 
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;showcontrols="0">
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&lt;/embed>

&lt;/object>

&lt;/body>
&lt;/html>
#html(</td></tr></table>)
~

 で、ブラウザから上記のHTMLにアクセスして Media Playerの表示、再生ができればOK。
~

【ファイルの種類による設定の違い】

 上記では movファイルの配信方法を記述したが rm や wmvの場合はそれぞれ以下のように設定する必要がある。

|動画ファイルの拡張子|メタファイル拡張子|メタファイル記述例|h
|rm|ram|rtsp://サーバー名/パス/音声・動画ファイル名.rm|
|wmv|wvx|<asx version="3.0">&br;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;<entry>&br;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;<ref href="mms://サーバー名/パス/音声・動画ファイル名.asf" />&br;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;</entry>&br;</asx>|
|asf|asx|<asx version="3.0">&br;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;<entry>&br;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;<ref href="mms://サーバー名/パス/音声・動画ファイル名.asf" />&br;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;</entry>&br;</asx>|

 ※ASXとWAX、WVXの違いは、ASXはASFのみに有効、WAXはASFとWindowsMediaAudio、
  WVXは全てに対して使用可能という事らしい。

  また、Media PlayerでなくQuickTimeやRealPlayerをページに埋め込むことも可能。
~

【動作確認(音楽配信)】

  ここでは iTunesを使用して確認する。

 1.iTunesを起動
~

 2.メニューから「ストリームを開く」で下記のURLを入力

   http://ホスト名:8000/マウントポイント

   で、音楽が再生できればOK。


トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS