qpopper(POP)

  ◆configure

tar zxfv qpopper4.0.5.tar.gz
cd qpopper4.0.5
export CFLAGS=-I/usr/kerberos/include ・・・ エラー回避 (kerberosのインストール場所が違ったので)	
./configure --enable-apop=/etc/pop.auth \ 
--enable-popuid=pop \
--with-openssl=/usr/local/ssl \
--enable-log-login --enable-specialauth

  ◆Makefileを修正(オンラインマニュアルを格納するディレクトリがないと怒られたので明示的に指定してあげる。)

mandir = ${prefix}/man
↓
mandir = /usr/share/man

  ◆インストール

make
useradd -g root pop ・・・ ユーザpopがいないと怒られるので作った
make install

  ◆起動設定 ※スーパーデーモンとして起動させる

    (1)/etc/xinetd.d/pop3 があれば そのまま編集、なければ作成。

service pop3
{
socket_type = stream
wait = no
user = root
server = /usr/local/sbin/popper
log_on_success += HOST DURATION
log_on_failure += HOST
disable = no
}

    (2)xinetd を再起動

/etc/init.d/xinetd restart

     ※メール受信できない場合は、/etc/hosts.allow に対象PCを追加して再起動 (以下は192.168.0.xxx からの受信を許可)

popper:192.168.0.0/255.255.255.0

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-11 (木) 00:48:48 (3469d)