概要

Azure Functions をローカル開発する手順。

目次

起動コマンドの例

AzuriteAzure Functions Core Tools が入っていれば普通に func start するだけでローカル起動が可能。
※DBなどにアクセスする場合は、ローカル開発用の環境変数を local.settings.json の Values 配下に定義しておく。

# ストレージエミュレータ(azurite)を起動
mkdir -p local_azurite
azurite --silent --location `pwd`/local_azurite &

sleep 5

# 必要に応じてストレージコンテナなどを作成
export AZURE_STORAGE_CONNECTION_STRING="UseDevelopmentStorage=true"  # az storage コマンドの向け先をエミュレータにしておく
az storage container create -n $storageContainerIn
az storage container create -n $storageContainerOut

# ビルド
exefile=`cat host.json | grep defaultExecutablePath | awk '{print $2}' | sed 's/"//g'`
echo go build -o $exefile
go build -o $exefile

# ローカルで関数アプリを起動
func start

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-12 (日) 16:39:11 (107d)