目次

実装側からの取得

関数アプリにアプリケーション設定(環境変数)を設定すると、以下のように環境変数として取得できる。

(Goの例)

env1, exists := os.LookupEnv("ENV1")

CLI で環境変数を設定する

az functionapp config appsettings set \
    --name 関数アプリ名 \
    --resource-group リソースグループ名 \
    --settings "ENV1=Hoge" "ENV2=Fuga"

Azure Portal から設定する

Azure Portal から設定する場合は、対象の関数アプリの 「構成」 から 設定する事ができる。

azure_func_setting1.png

ローカル実行の場合

ローカルで関数アプリを実行する場合は local.settings.json の Values 配下に定義する。

local.settings.json

{
    "IsEncrypted": false,
    "Values": {
      "AzureWebJobsStorage": "UseDevelopmentStorage=true",
      "ENV1": "Hoge",
      "ENV2": "Fuga",
    }   
}

添付ファイル: fileazure_func_setting1.png 100件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-02 (日) 13:02:21 (421d)