Seasar2 - Javaのアプリケーション開発者向けの軽量コンテナ

設定ファイルを書かなくてもすむように、Coc*1(Convention over Configuration)の考え方が取り入れられている。
また、アプリケーションを修正したときでも再起動なしで即座にその変更を認識できる HOT deployと呼ばれる機能もあり。

Seasar2には、既存のフレームワークをSeasar2から統一的なインタフェースで使う事を目的とする
いくつかのサブプロジェクトがある。( http://www.seasar.org/index.html#products )
※基本的に S2Container.Java の使用を前提にしている。

以下は、Struts から Seasar2を利用する為の S2Struts*2、O/Rマッピングフレームワークである S2Dao*3
HTMLテンプレートエンジン Mayaa*4 を使用時の備忘録。
 


*1 「適切な規約を守れば特に面倒な設定をしなくても、フレームワークが自動的に適切な 設定をしてくれる」という考え。(Ruby on Railsによって提唱された。)
*2 http://s2struts.seasar.org/ja/
*3 http://s2dao.seasar.org/ja/
*4 http://mayaa.seasar.org/

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-11 (木) 00:48:44 (3476d)